薄毛とひきこもりの若者について

薄毛とひきこもりの若者について.jpg

ひきこもりとはどのような状態?

近年ではひきこもりの若者が増えていると問題視されており、一度は聞いたことがある言葉かもしれません。

ひきこもりがどのような状態なのか厚生労働省では以下のように定義しています。

・仕事や学校へと行かず、家族以外の人と交流を持たない
・このような状態が半年間以上に渡って続いている
・自宅の部屋からほとんど外へと出ない状態

NHK福祉ネットワークの調査によると2005年には160万人以上の人がひきこもりに陥っているというデータがあり、2016年の現在では確実に増えているはずです。

以前は10代の学生に指す言葉だったのですが現在では退職してからひきこもる30代の人も多く、この問題に年齢制限はなくなりました。

ひきこもりと薄毛の関係性

ひきこもりの原因は個人によって大きく異なるので一概には説明できないものの、薄毛と関わっているケースも珍しくありません。

誰でも年齢を重ねれば髪の毛が薄くなり、加齢による自然現象なので絶対に避けられないのです。

しかし、10代や20代といった若い世代の薄毛を若ハゲと呼んでおり、見た目に大きく影響を及ぼすのでショックを受けやすいのではないでしょうか。

①まだ若いのにも関わらず薄毛が進行して老けて見られる
②周りの友人と比較して劣等感を感じる
③人生や恋愛に対して積極的になれなくなる
④人とコミュニケーションを取る機会が減る
⑤だんだんとひきこもりに陥る

このような流れでひきこもってしまう若者は意外と多く、「誰とも顔を合わせたくない」「誰にも自分を見られたくない」と感じるようになります。

ひきこもりは更に薄毛を悪化させる

薄毛を発症する年齢には個人差があり、10代や20代で少しずつ薄くなっていく人がいれば、50代で白髪が増えてきても髪の毛だけはフサフサの状態というケースもあるのです。

これは体質によって決まるので仕方がないものの、ひきこもりは更に薄毛の症状が悪化しやすいので注意しなければなりません。

ひきこもりの生活を続けていると薄毛は進行しやすく、その理由を以下では簡単にまとめてみました。

・昼夜逆転の生活を続けていて睡眠サイクルが乱れ、髪の毛の成長に異常が引き起こされる
・食生活が乱れやすく、頭皮や髪の毛に行き渡る栄養素の量が減少する
・運動とは無縁の生活に陥りやすく、血流が悪化して頭皮の毛細血管に行き渡る栄養素や酸素が減る

上記のように、ひきこもりの人は生活スタイルが乱れやすく、これは髪の毛にとっても良いことではないのです。

毎日の睡眠や食生活は髪の毛と密接な関係性があり、若ハゲの症状を食い止めたいのならば今一度自分の生活を見直さなければなりません。

ひきこもりに適した薄毛の解決策

上記でも説明しましたが、ひきこもりの人は薄毛を解決するに当たって自分の生活を見直すことから始めるべきです。

ひきこもりから脱却するのは当人にとって非常に難しく、その理由を以下では簡単にまとめてみました。

①長期化することで社会的な時間感覚が失われる
②生活リズムが乱れる(夜に起きて朝に寝るなど)
③家族以外の人とコミュニケーションを取らなくなる
④生きる気力がなくなっていって更に生活が乱れる

このような悪循環に陥りやすく、その影響で薄毛の症状も悪化していくのです。

しかし、薄毛が悪化すれば更に人と会いにくくなりますし、どんどん若さは失われていきます。

そのため、薄毛の効果的な治療法を考える前に、ひきこもりからの脱却を目指さなければなりません。

・体内時計の乱れを元に戻すために夜更かしを避ける
・社会復帰するために午前中に起床する生活を心掛ける
・清潔感のある服装に着替えて身だしなみを整える
・電話をしたり近所を散歩したりと今までの生活を少し変えてみる

これだけで簡単に脱却できるような甘い症状ではありませんが、「このままでいいや」「何もしなくていいや」という考えを捨てることから始める必要があります。

場合によっては心の問題点を見つけ出すカウンセリングが必要となり、ひきこもりの若者を支援する団体や心療内科といった病院へと相談するのも良いでしょう。

生活習慣を整えた後に育毛治療や発毛治療に取り組む

生活習慣を整えてひきこもりを解消し、その後に薄毛を克服するために育毛治療や発毛治療へと取り組むのがベストです。

現在では薄毛の治療が多様化しており、若者でも簡単に取り組みやすい方法が増えました。

・AGA(男性型脱毛症)の根本的な原因となるDHTを抑えるプロペシアを服用する(20歳以上の男性のみなので10代の若者は服用できない)
・育毛剤を塗布して頭皮マッサージを行う(薬局や通販といった場所で様々な製品を購入できる)
・AGA専門クリニックで発毛に必要な薬剤を注入する育毛メソセラピーを受ける
・自分の髪の毛を薄い場所へと移植する自毛植毛手術を受ける

このような治療が薄毛で悩む方には適していて、若者でも気軽に取り組めます。

内服薬を飲んだり育毛剤を塗布したりという方法は今直ぐにでも試せますし、少しでも症状が回復すれば元気が出て何事にも頑張ろうという気持ちが芽生えるかもしれません。

一人で薄毛治療に取り組むのが怖いのならば、AGA専門クリニックへと訪れて知識と経験のある医師へと相談してみてください。

最近の記事

若者の薄毛は病院で治療できる?
薄毛で悩む若者の数は以前よりも増えており…
20代や30代の薄毛の原因
薄毛で悩むのは40代や50代の中高年の男…
10代の男性へ!薄毛の原因と対策
10代の薄毛の原因は何? AGAを中心と…