20代や30代の薄毛の原因

20代や30代の薄毛の原因.jpg

薄毛で悩むのは40代や50代の中高年の男性というイメージがあるかもしれませんが、20代や30代といった若い人でも引き起こされる可能性は十分にあります。

男性なのか女性なのかによって原因は大きく異なり、性別によってどんな違いがあるのか以下では簡単にまとめてみました。

20代や30代の男性が薄毛になる原因

20代や30代の男性が薄毛で悩む場合、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)と言っても過言ではないでしょう。

  • 遺伝によってAGAを発症するかどうか決まる
  • 男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の毛の成長を阻害する
  • 前髪やてっぺんといった部位の髪の毛が薄くなる
  • 進行しても後頭部や側頭部の毛髪は残ることが多い

AGAには上記のような特徴があり、この病気が原因で抜け毛の量が増えて薄毛が進行していくというメカニズムです。

全ての男性はAGAのリスクを持っているので、病気というよりも体質と説明した方が良いかもしれません。

どちらにしても若者の薄毛はAGAが深く関わっていて、20代~30代で発症するのか40代~50代で発症するのかという違いです。

また、年齢に関わらず以下のような原因で薄毛を発症するケースもあります。

精神的なストレス⇒頭皮の一部分や複数の部位に円形の脱毛斑が形成される
頭皮の炎症⇒過剰に分泌された皮脂が原因で脂漏性皮膚炎を発症する

薄毛と一口に言ってもありとあらゆる原因が考えられるので、自分がどの症状に該当するのかチェックしてみてください。

20代や30代の女性が薄毛になる原因

男性はAGAが原因で薄毛を引き起こしやすいのに対して、女性の場合は以下のような要因が考えられます。

    • 無理なダイエットを続けていて頭皮や髪の毛に行き渡る栄養素が減少する
    • ホルモンバランスの乱れによって髪の毛の成長を促すエストロゲンが減少する
    • ヘアカラーやパーマのやり過ぎでダメージが加わっている
    • 薄毛になりやすい体質を遺伝によって受け継いでいる
    • 乱暴に髪の毛を洗っていたり洗浄力の強いシャンプー剤を使っていたりと間違ったヘアケアを続けている

    女性ホルモンの減少による薄毛は更年期の女性が引き起こされやすいものの、過度のダイエットや間違ったヘアケアで分け目が気になったり髪の毛が細くなったりする若年性脱毛症は20代や30代でも発症しやすいのです。

    男性と同じように精神的なストレスによる円形脱毛症や大量のフケが発生して毛髪の成長を妨げるひこう性脱毛といった症状にも繋がりやすく、自分の頭皮や髪の毛を念入りにチェックしてみてください。